オンラインカジノ一覧
マイクロゲーミング系
オールスロッツカジノ
32Red
スピンパレス
クレイジーベガス
ゴールデンタイガー
プレイテック系
ウィリアムヒルカジノ
カジノキング
ゴールデンパレス
クリプトロジック系
インターカジノ
ランダムロジック系
カジノオンネット
グランドヴァーチャル系
エベレストカジノ
エベレストポーカー
インペリアルカジノ
オンラインカジノ入門編

オンラインカジノって?
違法?合法?
利点

信頼性

オンラインカジノ体験

無料でPLAY
まずは準備
ソフトウェア検証
ゲームの種類
ソフトのインストール

オンラインカジノ実践

カジノ選び
ユーザー登録
チップ購入
初回ボーナス・貰い方
払い戻し

オンラインカジノ決済関連

NETeller申請方法
NETeller出入金方法
NETellerデビットカード
利用可能カード

関連書籍紹介
各カジノ格付け
悪質なカジノ
英文解説
Moneybookers
click2pay

オンラインカジノ番外

カジノ用語集
必勝法
ゲーム別攻略
便利ツールの紹介
注意事項
主なQ&A
筆者の主観
メルマガ購読
アンケート

オススメSlot

MAJOR MiLLiONS



オンラインカジノ界の横綱格。2億も狙える超大型スロット。


Gold Rally



メジャーミリオンズが東の横綱ならこちらは西の横綱。こちらも2億が狙える超大型スロット。5¢〜。5リール×9ラインでチップの目減りが少なく少なめの予算でも割と長く遊べます。

Jackpot DEUCES




週に2〜3回は大当たり。金額は10万〜60万。

DIAMOND VALLEY



回転率が良い大型スロット。毎週のように数百万の大当たり。

RAGS to RICHES



何千万て金額は無いのですがその分周期が短く狙い目。


カジノ・クラップスのルール



“サイコロ(ダイス)”を使うゲームは文明開化までさかのぼり、初期のサイコロは動物の骨やカシのような堅材から作られました。 2000年以上前にはローマの兵士が彼らの盾にブタのナックルを投げて遊ぶ“骨”と呼ばれるゲームが存在しました。 しかしどこでクラップスが誕生し、その名前の由来はどこからきたのでしょうか?
その回答をめぐって論争がおきましたが、ブタのナックル投げがカジノの歴史にさかのぼることは興味深いものがあります。
アラビア人がその勢力を元ローマ帝国まで拡大したとき、軍隊の娯楽として“骨投げ(ダイス投げ)”を取り入れました。 彼らはその小さな、番号がついた立方体を“azzahr”と呼びました。 中世期、ヨーロッパとの貿易が広がるにつれて、いつしかこのサイコロのゲームは“hasar”または“ hasard”として、フランス人により再び地中海地域にもどって来ました。 そして13から14世紀にかけてフランスとイギリス間の長期戦争により、英国の騎士は“hazard(ハザード)”(一か八かまたは危険を冒してとういような意味)と名づけて英国に持ちこみました。

英国人がこのゲームで最も低い出目を“crabs(クラブス)”と呼びました。 フランスの兵士達は英国の囚人からこの呼び名を採用しましたが、彼らの言語を尊重しフランス語の呼び名“crabes(クラベス)”として維持しました。 18世紀初期にフランスの植民者によってこのゲームはカナダに渡りました。 イギリスが植民地をアメリカから更に北へと勢力を伸ばしたましたが、18世紀末には、逆にフランス語を話すカナダ人がルイジアナに移ってきました。 その頃には英語名のハザードの呼び名はなくなり、 crabesはCajun(ケイジュン:カナダのアカディア出身のフランス人子孫である Louisiana 州の住人)の方言から“creps(クレップス)”として知られるようになりました。

Cajunがボートでミシシッピーに旅行した時に、この歴史あるサイコロのゲームは再び英語を母国語とするアメリカ人の開拓者達に紹介されました。 彼等はこのゲームを訛りから“craps(クラップス)”と呼びました。 その後、アメリカ人が西部に移り渡り、クラップスは全国的に酒場やカジノの主役となりました。 市民戦争後、サイコロメーカーは完璧に製造されなかったサイコロが問題にならないような革新的な案を提案しました。 プレーヤーはシューター側に賭けることも、逆にシューターに反して賭けることもできるようになりました。 クラップスの人気が上昇する一方、より様々な賭け方(HardwaysやHorn bets)や刺激のあるルールが取り入られました。

今日、クラップスはどのカジノでも最も人気のあるゲームの一つです。 人だかりがあり、熱気のある歓声が上がっていたら、そこがクラップスのテーブルです。

カジノ・クラップスのルール

クラップスにおいてシューター(shooter)ポイント(Point)を設定するために、二つのサイコロを投じます。 ベットはポイントが先に出るか、7が先にでるかを賭ける勝負となります。

ポイント(場の目)を設定しロール(サイコロが投げ込まれること)を繰り返すことをラウンド(round)と呼びます。 各ラウンドはカムアウト(Come Out)ロールと呼ばれる第1投によってスタートし、ポイントを設定します。 二つのサイコロの出目合計は2()から12()ですが、ポイントになりえるのは4、5、6、8、9、10のいずれかの数字です。出目の合計が、2(スネークアイ)、3(クロスアイ)12(ボックスカー)はクラップスと呼ばれ、7と11はナチュラル(natural)と呼びます。

カムアウトロールでクラップスまたはナチュラルが出ればそのラウンドは終了します。 ポイントとなる数字4、5、6、8、9、10のいずれかの目がでたらラウンドは続行します。 ポイントが決まったらゲームはミッドゲーム(midgame)に入り、シューターがロールを続け、再びポイントを出すか、または7を出すことによってラウンドは終了します。

カムアウトロールからラウンド終了までのロールの回数は予想できません。 ポイントの前に7が出たら、シューターはセブンズアウト(sevens out) となり、サイコロは隣りのプレーヤーに渡され、次のラウンドが始まります。 逆にシューターがポイントを出したら、次のラウンドのロールをキープすることもできます。 カムアウトロールにて2、3、もしくは12を出すとシューターはクラップスアウト(craps out) となり、隣りのプレーヤーにサイコロを渡します。 カムアウトで7か11のナチュラルを出すと、シューターは次のカムアウトロールも再びロールします。

クラップスには様々な賭け方があります。 条件付きもあれば、特定の結果がでない方に賭ける方法、ラウンド終了まで同じスポットに賭ける方法、一回のロールのみにしか有効でない賭け方など。 このように賭け方がいろいろとあるのもクラップスの魅力となっています。

クラップスの最良のスタートはカムアウトロールでパスライン(Pass Line) に賭けることです。 7もしくは11が出ればその場で勝ちとなり、配当は1対1(1ドルのベットに対して1ドルの払戻金)。 ポイントが設定されたら、7が出る前にそのポイントが出れば勝ちとなります。 パスラインへのベットの配当は1対1。

                       

Copyright (C) 2003-2012 Online casino Club Japan All Rights Reserved
当HPにおける全ての文章・表現・画像・データ等の著作権はoccj.comが所有します。よってこれを転載・流用する事はいかなる理由においてもこれを禁止します。著作権について
オンラインカジノ総合ファンサイト オンラインカジノクラブジャパン